ここから本文です

〔シドニー外為〕米ドルは112円台半ば=豪ドルは82円台(20日午前8時半)

11月20日(火)6時42分配信 時事通信

 【シドニー時事】20日朝のシドニー外国為替市場の円相場は、海外市場の流れを受けて1米ドル=112円台半ばで推移した。現地時間午前8時半現在、112円50~60銭(前日同時刻は112円75~85銭)。
 19日のニューヨーク市場では、米株式の大幅安を受けてリスク回避の動きが広がり、安全資産とされる円が買われ、米ドルが売られた。連邦準備制度理事会(FRB)高官らが先週末、世界景気の減速リスクに懸念を示したことも、米利上げの打ち止め時期が前倒しされるとの観測につながり、引き続き米ドルの重しとなっている。
 オセアニア通貨は下落した。オーストラリア・ドルは、1豪ドル=0.7290~7300米ドル(前日同時刻は0.7305~7315米ドル)、対円では82円00~10銭(同82円40~50銭)。
 ニュージーランド(NZ)ドルは、1NZドル=0.6830~6840米ドル(同0.6860~6870米ドル)、対円は76円90銭~77円00銭(同77円40~50銭)。
 ユーロは、1ユーロ=1.1455~1465米ドル(同1.1400~1410米ドル)、対円は128円80~90銭(同128円65~75銭)。(了)

最終更新:11月20日(火)9時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン