ここから本文です

反発するゴールドと逆相関の米ドル/円は戻り売り方針! 米ドル高相場は終焉へ!?

11月19日(月)17時31分配信 ザイFX!

■クラリダFRB副議長発言で12月米利上げに暗雲

米10年国債利回り 1時間足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米10年国債利回り 1時間足 (出所:Bloomberg)
米ドルVS世界の通貨 1時間足
拡大写真
米ドルVS世界の通貨 1時間足
NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
NYダウ 日足 (出所:Bloomberg)
大橋ひろこ:
先週金曜日(11月16日)、クラリダFRB(米連邦準備制度理事会)副議長の発言が注目を集めました。

9月に就任したばかりで、なじみのない名前ではありますが、インタビューに答えて、「世界的な景気減速を示唆する証拠はある」、「中立金利に近づいている」とハト派的な発言。

米国債利回りが低下し、米ドル安が進みました。

西原宏一:
クラリダ発言を受けてか、12月の米利上げ織り込みも65%まで低下してきました。先週(11月12日~)まで70%台中盤でしたから、だいぶ下がりましたね。

大橋ひろこ:
「米利上げの打ち止め近し」と市場が考え始めているのかもしれませんね。

西原宏一:
10月には世界的に株価が下落し、米中間選挙を通過して戻すのかと思いきや、再び下落している状況ですから、「本当に利上げできるのか」と不安になって当然でしょう。

■ハイテク株がトップアウト!? 完全にベアマーケット入りか

エヌビディア 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
エヌビディア 日足 (出所:Bloomberg)
ビットコイン/米ドル 日足
拡大写真
ビットコイン/米ドル 日足
アマゾン 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
アマゾン 日足 (出所:Bloomberg)
日経平均 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
日経平均 日足 (出所:Bloomberg)
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
大橋ひろこ:
先週(11月12日~)発表された米半導体大手エヌビディアの決算も、次の四半期が減収見通し。10月2日(火)の高値から40%以上の急落となっています。

仮想通貨マイニング向けの需要後退が鮮明なようですね。

西原宏一:
前回のコラムでご紹介したビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク(分裂)などを受けて、仮想通貨市場は急落。ビットコイン(BTC)/米ドルは、5000ドル台半ばです。

エヌビディアを取り巻く環境は、なおさら厳しくなっています。

大橋ひろこ:
価格低迷で、マイニングは採算分岐レートを割り込んでいるとの見方も出ています。

西原宏一:
GAFA銘柄(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の最後の砦だったアマゾン株も崩れてきましたし、この数年の米株高を牽引してきたハイテク株が、いよいよトップアウトしたのかもしれません。

クラリダFRB副議長が言うように、米金利が中立水準に近いのであれば、米利上げ打ち止めで米株が買われる場面があるかもしれませんが……。

大橋ひろこ:
12月に米利上げが見送られれば、一時的に上がるのだろうと思いますが、ハイテク株は完全にベアマーケット入りしたように見えますね。

西原宏一:
米株の下落が続くのであれば日経平均も弱いのでしょうし、ひいては米ドル/円も弱いということになります。

■ゴールドが反発。逆相関になりやすい米ドル/円は弱い?

NY金先物 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
NY金先物 日足 (出所:Bloomberg)
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
大橋ひろこ:
米ドルと逆相関になりやすいゴールドも、8月16日(木)安値から引いたトレンドラインで、きれいに反発しました。

西原宏一:
ゴールドは米ドル/円と逆相関になりやすいですから、ゴールドのじり高が続くのだとすれば、ここからも米ドル/円は弱いということになりますね。

また、これは中期的な話になりますが、米ドル高相場が終わりつつあるのかもしれません。モルガン・スタンレーからも「米ドルの強気相場が終了したのでは」とのコメントが出ています。

大橋ひろこ:
日経新聞によると、61カ国の貿易量を踏まえてBIS(国際決済銀行)が算出した米ドルの総合的な価値である名目実効レート(以下、ドルインデックス)が、33年ぶりの高値をつけたそうです。

西原宏一:
33年前というと1985年。プラザ合意の年です。その水準まで達するのは、さすがに米ドル高の行き過ぎではないでしょうか。

米金利が低下し、ゴールドがじり高、米株も弱いとなると、ドルインデックスはここから反落する可能性が高いと思います。

■ユーロや英ポンドは先行き不透明。米ドル/円の売りを基本に

ユーロ/米ドル 日足
拡大写真
ユーロ/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足
拡大写真
英ポンド/米ドル 日足
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
大橋ひろこ:
米ドル高が転換するのであれば、ユーロ/米ドルでの米ドル売りがよいですか? 

ユーロは来年(2019年)後半にも利上げサイクルに入るかもしれませんし、「利上げ打ち止めが間近かもしれない通貨」と「利上げが始まるかもしれない通貨」では方向性の違いが鮮明です。

西原宏一:
それはそうなのですが、ユーロ圏ではイタリア予算の混乱が不透明要因。今は、米ドル/円の方が明確だと思います。

大橋ひろこ:
英ポンドは、いかがでしょうか。

先週(11月12日~)は閣僚4人の辞任が相次ぎ、EU(欧州連合)離脱担当相すら政権から離脱してしまいました。メイ英首相への不信任の動きも出てきています。

西原宏一:
BISのドルインデックスが33年ぶり高値から反落するのなら、英ポンド/米ドルも買われるでしょう。しかし、今の英ポンドはヘッドラインリスクが高過ぎる。手が出せません。

今週(11月19日~)は米金利低下やゴールド高、株安といった背景から考えて、米ドル/円の戻り売りがよいかなと思います。
FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議

最終更新:11月22日(木)18時26分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン