ここから本文です

日経平均は150円程度高、株価指数先物にややまとまった買いが入り上げ幅を拡大=19日寄り付き

11月19日(月)9時30分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 1,135 -48.5
石油資源開 2,269 -32
日立 3,252 -31
ソニー 5,855 -99
オリンパス 3,220 -95
 19日午前9時26分すぎの日経平均株価は、前週末比150円程度高い2万1830円前後で推移する。午前9時24分には、同172円58銭高の2万1852円92銭を付けている。朝方は、前週末16日に弱含みで推移していたことや、為替市場で対ドルが円高に振れていることから売りが先行。ただ、午前9時10分過ぎ、株価指数先物にややまとまった買いが入ったことをきっかけに上げ幅を拡大した。前週末16日の米国株式は、NYダウが続伸した一方、ナスダックは反落するなど、まちまちの動きで、シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、16日の大阪取引所終値比95円高の2万1745円だった。

 業種別では、大日印 <7912> 、任天堂 <7974> などのその他製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が上昇。日立 <6501> 、ソニー <6758> などの電機株や、オリンパス <7733> 、HOYA <7741> などの精密機器株も高い。NTTドコモ <9437> 、ソフバンG <9984> などの情報通信株や、信越化 <4063> 、花王 <4452> などの化学株も堅調。郵船 <9101> 、商船三井 <9104> などの海運株や、コマツ <6301> 、日立建機 <6305> などの機械株も上げている。

 個別では、ミタチ産業 <3321> 、ビーロット <3452> 、シップHD <3360> 、島精機 <6222> 、ステラケミフ <4109> などが上昇。半面、ペガサス <6262> 、静岡銀行 <8355> 、JDI <6740> 、コロワイド <7616> 、マイネット <3928> などは下落している。

 東京外国為替市場は午前9時26分時点で、1ドル=112円台の後半(前週末16日終値は1ドル=113円29-30銭)、1ユーロ=128円台の後半(同128円50-54銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月19日(月)9時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン