ここから本文です

<特集>好決算銘柄ピックアップ・その3(3)=ADEKA―通期予想を引き上げ増配を計画

11月18日(日)8時12分配信 モーニングスター

現在値
ADEKA 1,678 -11
 ADEKA <4401> をマークしたい。同社は前週14日、19年3月期の連結業績予想を上方修正。通期業績予想で、売上高が2590億円から2980億円(前期比24.4%増)へ、営業利益は221億円から255億円(同19.5%増)に引き上げた。9月28日付で日農薬を連結子会社化したことに伴い、日農薬の18年10月から19年3月31日までの6カ月分の業績を同社業績予想に織り込んでいる。世界的な樹脂需要の高まりから、核剤、透明化剤、光安定剤などの高機能添加剤および汎用酸化防止剤などの販売が引き続き堅調となりそう。10月以降の業績の前提となる為替レートは1ドル=109円、1ユーロ=130円としている。

 同時に、期末配当予想を修正し、従来予想の22円から24円(前期実績22円)に増配するとした。中間期配当21円(同17円)と合わせて、年間配当は45円(同39円)に増額される。配当予想の増額に踏み切ったことから、今期業績見通しに対する確度の高さが窺われる。株価は14日に直近高値となる1808円を付けたが、全体相場が軟調に推移したこともあり、調整を強いられている。PERは11.1倍と東証1部平均の13.7倍と比べ割高感はない。

提供:モーニングスター社

最終更新:11月18日(日)8時12分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン