ここから本文です

明日の戦略-グロース株が崩れて続落、来週は三連休を前にリスク回避モードか

11月16日(金)16時46分配信 トレーダーズ・ウェブ

 16日の日経平均は続落。米国株高ではあったが、エヌビディアの時間外での大幅下落などが重しとなり、前日終値近辺からのスタート。そこから買いが入ったものの、半導体株の大幅下落に押される格好で失速すると下げに転じ、前場は3桁の下落で終えた。後場は前引けから水準を切り上げて始まると、戻りを試す動きとなり、一時プラス圏に浮上した。しかし、これを待っていたかのように売りが出てきて、一気に下げ幅を3桁に広げると、そこからは下値模索が続いた。東証1部の売買代金は概算で2兆5500億円。業種別では鉱業や陸運、保険などが上昇している一方、その他製品、パルプ・紙、金属製品などが下落している。証券会社が目標株価を引き上げた大日本住友製薬が大幅高。反面、半導体株のほか、ソフトバンクGや東海カーボンなど投資家人気の高い銘柄に非常に弱い動きが見られる中、任天堂が一時10%を超える下落となるなど後場に入って大きく値を崩した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり607/値下がり1442と売りが優勢。半導体株が下げを主導しており、アドバンテストやSUMCO、東京エレクトロンなどが大幅安。個別に材料があったものもあるが、KYBやスルガ銀行、TATERU、SUBARUなど不祥事発覚企業も大きく売られた。ファイナンスが嫌気された日総工産が急落し、日本管理センターはストップ安。下方修正を発表したRVHが値を崩した。きのうストップ安比例配分のリミックスやイーレックスは寄った後も売りに押され、RIZAPは2日連続のストップ安比例配分となった。リスクオフムードが再燃する中、買われたのはKDDIや花王、日本郵政など内需株で、JR4社など鉄道株もしっかり。国際帝石は原油安一服で押し目買いが入り、業務提携が好感されたJMCが大幅高となった。

 日経平均は続落。プラスとマイナスの日が交互に続いていたが、きょうは上昇できずに下げが2日続いた。米半導体株の時間外の下落で、今晩の米国株がさえない動きになることが予想された中ではあったが、半導体とはやや遠いところも強く売られており、グロース株への警戒がまだまだ強いことがうかがえる。今晩の米国株が案外しっかりであれば、きょう下げた銘柄の多くは切り返すだろうが、ハイテク主導の下落となった場合にはもう一段厳しい展開も想定される。任天堂や東海カーボンなどは直近の安値を割り込んでおり、単に地合いが悪かったから見切り売りに押されたと片付けるには弱すぎる動きである。これらが来週、それなりの反発を見せないようだと、しばらくは外需は敬遠され、内需の中での物色のローテーションが続くと予想する。


【来週の見通し】
 軟調か。決算発表一巡で材料難となる中、国内はイベントも少ない。市場参加者の減少が予想される中、方向感に欠ける地合いが続くと予想する。米国株の反発があれば買いも入るであろうし、証券会社のリポートなどを材料に、改めて見直される銘柄なども出てくるであろう。ただし、米国市場は22日が感謝祭で休場で、国内は23日が祝日というスケジュール。世界的に先行き不透明感が強い中では、市場の空白は嫌われる可能性が高い。週末にかけてはリスク回避の売りが優勢となるとみており、週間では弱めの展開を予想する。


【今週を振り返る】
 軟調となった。米アップル株の下落や原油価格の下げ加速を受けて米国株が調整色を強める展開。日経平均もこれらの動向に神経質となり、不安定な動きが続いた。13日にはダウ平均が600ドル超下落したことを嫌気して大幅安となり、22000円を割り込んだ。その後、原油安は一服し、株式市場も落ち着きを取り戻したかに見えた。しかし、米半導体株の業績懸念が高まったことを受けて、ハイテク株が幅広く崩れたことから、週末にかけては売りに押された。日経平均は週間では約569円の下落となり、週足では3週ぶりに陰線を形成した。


【来週の予定】
 国内では、10月貿易統計(11/19)、9月全産業活動指数、10月訪日外客数(11/21)、10月消費者物価指数(11/22)などがある。

 決算発表は、東京海上、シェアリングT、SOMPOHD、MS&AD(11/19) などが予定している。

 海外では、米11月NAHB住宅市場指数(11/19)、米10月住宅着工件数、米10月建設許可件数(11/20)、米10月耐久財受注、米10月景気先行指数、米10月中古住宅販売(11/21)、米ブラックフライデー(11/23)などが注目される。

 米企業決算では、アジレント・テクノロジー(11/19)、キャンベル・スープ、メドトロニック、ターゲット、ベスト・バイ、ロウズ、フット・ロッカー、オートデスク(11/20)、ディア・アンド・カンパニー(11/21)などが発表を予定している。

 なお、11/22の米国市場は感謝祭のため休場となる。
小松

最終更新:11月16日(金)16時46分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン