ここから本文です

【ディーラー発】ポンド売り再燃(NY午前)

11月16日(金)2時00分配信 セントラル短資FX

「英EU離脱強硬派のリースモグ議員、メイ保守党党首の不信任投票を要求」との報を受け、ポンド売りが再燃。対ドルで1.2743付近まで、対円で144円43銭付近まで下落した。一方、ユーロは欧州終盤の上げ幅を削ったものの、対ポンドでの買いが波及しユーロドルが1.1340付近まで、ユーロ円が128円68銭付近まで持ち直した。また、ドル円も続落していたNYダウの下げ幅縮小に伴い113円09銭付近から113円48銭付近まで反発している。1時59分現在、ドル円113.457-460、ユーロ円128.437-442、ユーロドル1.13201-205で推移している。

最終更新:11月16日(金)2時00分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン