ここから本文です

米国株式市場は反発、米が新たな対中関税保留との報道で

11月16日(金)7時26分配信 ロイター

 11月15日、米国株式市場は反発して取引を終えた。米国が新たな対中関税の発動を保留するとの報道を受け、両国間の摩擦緩和に期待が広がった。ニューヨークで12日に撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)
拡大写真
 11月15日、米国株式市場は反発して取引を終えた。米国が新たな対中関税の発動を保留するとの報道を受け、両国間の摩擦緩和に期待が広がった。ニューヨークで12日に撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)
[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は反発して取引を終えた。米国が新たな対中関税の発動を保留するとの報道を受け、両国間の摩擦緩和に期待が広がった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が一部の業界幹部に対し、米中通商協議が進められる中、米政府は中国製品に対する新たな関税措置の導入を保留していると明らかにした。この報道を受けて株価は当初の下げからプラスに転じた。

ライトハイザー代表の報道官が関税の計画に変更はないと述べ、報道を否定すると、株価は上げ幅をやや縮小したが、引け前の30分で再び上昇が加速した。

ロバート・W・ベアードの機関投資家セールス責任者のマイケル・アントネッリ氏は「矛盾するメッセージが出ているが、市場は明るいニュースに反応しやすくなっている」と話した。

アップル<AAPL.O>が6営業日ぶりに反発したことでハイテク株も上昇。アップルは2.5%高、S&P情報技術指数<.SPLRCT>も2.5%上昇した。

シスコシステムズ<CSCO.O>は5.5%高。前日発表した四半期決算で売上高と利益がいずれも市場予想を上回った。

一方、百貨店のディラーズ<DDS.N>は第3・四半期の利益が市場予想に届かず14.8%急落。

JCペニー<JCP.N>も第3・四半期の既存店売上高が予想を下回ったことなどを嫌気して売られたが、その後、最高経営責任者(CEO)が黒字化に向けた計画を示したことを手掛かりにプラスに転じ、11.5%高で引けた。

ウォルマート<WMT.N>は2%安。第3・四半期決算は既存店売上高が市場予想を上回り、通期の利益予想も引き上げたが、ディラーズやJCペニーのさえない決算が影を落とした。

KBホームズ<KBH.N>は第4・四半期の売上高見通しを下方修正したことが嫌気され、15.3%安となった。

電力会社PG&E<PCG.N>は6営業日続落し、30.7%の大幅安。カリフォルニア州の山火事で自社設備の不具合が原因だと認定された場合、損害賠償額は保険の適用額を上回り、財務状況に「重大な影響」を与える恐れがあると指摘した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を1.35対1の比率で上回った。ナスダックでも2.05対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は86億7000万株。直近20営業日の平均は85億8000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 25289.27 +208.77 +0.83 25061.4 25354. 24787. <.DJI>

8 56 79

前営業日終値 25080.50

ナスダック総合 7259.03 +122.64 +1.72 7112.83 7274.2 7072.3 <.IXIC>

6 6

前営業日終値 7136.39

S&P総合500種 2730.20 +28.62 +1.06 2693.52 2735.3 2670.7 <.SPX>

8 5

前営業日終値 2701.58

ダウ輸送株20種 10615.30 +158.69 +1.52 <.DJT>

ダウ公共株15種 715.02 -9.55 -1.32 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1234.62 +39.91 +3.34 <.SOX>

VIX指数 20.03 -1.22 -5.74 <.VIX>

NYSE出来高 10.02億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 21950 + 130 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 21935 + 115 大阪比 <0#NIY:>

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

最終更新:11月16日(金)7時26分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン