ここから本文です

日経平均テクニカル:小反落、陽線も上値重い

11月15日(木)18時15分配信 フィスコ

15日の日経平均は小反落。朝方に安値を付けた後、陽線を引いて終わったが、ザラ場高値は前日終値に届かなかった。5日、25日、26週、52週など主な移動平均線の下降が続いたこともあり、上値の重さが再確認された。一目均衡表では、日々線が雲下で推移したほか、横ばいだった基準線は下降し、下値模索トレンドの継続を示唆した。ただ、遅行線の株価とのマイナス乖離幅は急速に縮小し、弱気シグナルが小さくなった。ボリンジャーバンドでは、日々線は中心線と-1σの間に収まり、動意に乏しかった。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:11月15日(木)18時19分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン