ここから本文です

今日の株式見通し=軟調か ハイテクや金融が崩れダウ平均は600ドル超の大幅下落

11月13日(火)8時21分配信 トレーダーズ・ウェブ

 東京市場は大幅安か。米国ではダウ平均が602ドル安と大幅に下落しており、日本株も売りに押される展開が想定される。リスクオフの様相が強まる中、ドル円も足元で113円80銭近辺と、円安は一服傾向にある。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて475円安の21775円、ドル建てが450円安の21800円で取引を終えた。

 米国ではアップルのサプライヤーの業績懸念が強まったことで、アップル株を筆頭にハイテク全般が売られる展開。きのうの東京市場でも村田製作所やTDKなど電子部品の一角が大きく売られたが、この流れが継続しそう。マレーシアの政府系ファンドに絡む不正に関わったと伝わったゴールドマン・サックスなども急落しており、金融株にもネガティブな影響が大きく出てきそうだ。CME225先物は21000円台後半からのスタートが想定され、序盤は総売りとなるだろう。ただ、一気に水準を切り下げると思われる分、売り一巡後は下げ渋り、21000台後半でのもみ合いが続くと予想する。日経平均の予想レンジは21600円-21900円。

最終更新:11月13日(火)8時21分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン