ここから本文です

ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロ円、下値を広げる

11月13日(火)2時10分配信 トレーダーズ・ウェブ

 12日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は下値を広げる。2時時点では128.01円と24時時点(128.22円)と比べて21銭程度のユーロ安水準だった。ダウ平均が一時460ドル超安、ナスダック総合は210ポイント超安まで売り込まれ、為替相場もリスク回避の円買いが強まった。ユーロ円は128円を割り込み、1時半前には1日以来のユーロ安・円高水準である127.82円まで下落した。株価の売りが一巡すると、円買いも一服している。

 ユーロドルは上値が重い。2時時点では1.1255ドルと24時時点(1.1264ドル)と比べて0.0009ドル程度のユーロ安水準だった。予算案を巡るイタリアとEUの確執を嫌気して頭が重いところに、ユーロ円の下落につれ安となった。ユーロ円が安値をつけたタイミングで1.1242ドルまで弱含んでいる。

 ドル円はじり安。2時時点では113.74円と24時時点(113.82円)と比べて8銭程度のドル安水準だった。株安を受けての反応はクロス円ほどではないが、1時半頃には113.66円と週明け早朝取引で付けた日通し安値113.65円に迫った。

 一時1.2936ドル付近まで持ち直したポンドドルは、1.2850ドル付近まで売り戻された。ポンド円が146.08円まで日通し安値を更新し、24時前につけた戻り高値から1円以上も下落。一部英紙が伝えたバルニエ欧州連合(EU)首席交渉官の見解「離脱協定について、主要項目が13日にも英内閣に示される準備が整った」に対し、英首相報道官が懐疑的とする見方を示したことがポンドの重しとなった。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:113.65円 - 114.21円
ユーロドル:1.1240ドル - 1.1332ドル
ユーロ円:127.82円 - 129.19円
小針

最終更新:11月13日(火)2時10分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン