ここから本文です

JASDAQ平均は3日ぶりに小反落、足元の株価上昇による反動安/JASDAQ市況

11月9日(金)16時55分配信 フィスコ

JASDAQ平均は3日ぶりに小反落、足元の株価上昇による反動安

現在値
やまねメデ 467 +6
UTグルプ 2,320 +117
アテクト 1,459 -66
応用技術 1,350 +60
ミズホM 2,730 -68
JASDAQ平均:3625.87 (-3.07)
出来高:1億755万株
売買代金:646億円
J-Stock Index:3092.51 (-63.91)


 本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均とJ-Stock Indexはともに3日ぶりに小反落し、JASDAQ-TOP20は4日ぶりに反落した。値上がり銘柄数は279(スタンダード261、グロース18)、値下がり銘柄数は329(スタンダード312、グロース17)、変わらずは59(スタンダード58、グロース1)。 本日のJASDAQ市場は、このところの株価上昇の反動から利益確定売りが先行した。また日経平均も反落し、下げ幅を拡大させたことも買い見送りムードにつながった。また、時価総額上位銘柄も次第に上値が重くなり、センチメントを悪化させた。物色としては、好決算銘柄など個別対応に留まる格好に。 個別では、上期利益が2ケタ減益となった日特エンジ<6145>は22%安となったほか、上期大幅増益も進捗率が嫌気されたUTグループ<2146>はストップ安まで売られた。また、決算後に材料出尽くし感が台頭したことから和井田<6158>が10%安となったほか、応用技術<4356>、やまねM<2144>などが値下がり率上位に並んだ。 一方、上期の好決算を受けてアテクト<4241>や赤字決算を受けて悪材料出尽くし感から買い戻されたFVC<8462>がともにストップ高となり、来週12日の決算発表を前にした思惑買いからサカイHD<9446>が18%高となったほか、オンキヨー<6628>、ミズホメディ<4595>、ホロン<7748>などが値上がり率上位にランクインした。JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、フェローテク<6890>、マクドナルド<2702>、セリア<2782>などが下落した。
株式会社フィスコ

最終更新:11月9日(金)17時05分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン