ここから本文です

9日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、114円台前半での推移か

11月9日(金)8時46分配信 モーニングスター

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円50銭-114円50銭

 9日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=114円台前半で推移しそうだ。

 前日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では市場予想通り利上げが見送られたものの、声明文はややタカ派的と受け止められ、米長期金利上昇とともにドル・円は上値を伸ばし、一時114円台に乗せた。米国株は主要3指数がまちまちだった。

 きょう東京時間の日経平均株価は前日の大幅高もあり、上げ幅が縮小する可能性が高そうだが、リスクオフに傾く流れでもなさそうで、ドル・円も小幅ながら上値を試す動きが出そうだ。また、実質5・10日(ごとおび)となることから、実需筋の動向にも気を付けたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:10月マネーストック、ミニ先物オプションSQ(特別清算指数)値算出
米国:10月PPI(生産者物価指数)、11月ミシガン大学消費者マインド指数
その他:中国10月CPI(消費者物価指数)、中国10月PPI

提供:モーニングスター社

最終更新:11月9日(金)8時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン