ここから本文です

株式明日の戦略-大幅高で200日線を上回る、11月FOMCが株高を後押しするかに注目

11月9日(金)1時24分配信 トレーダーズ・ウェブ

 8日の日経平均は大幅反発。米国株が中間選挙の結果を好感して大幅高となったことを受けて、スタートから300円を超える上昇。そこから上げ幅を広げて22500円台を回復した。ただ、一定の到達感も強まったことから、その後は高値圏でのもみ合いが続いた。後場はFOMCの結果発表を前に様子見となり、前場の高安の範囲内での小動き。前場よりはやや弱めで、22500円より下で推移する時間が長かったが、かといって大きく失速するわけでもなく、400円超の上昇で終えた。東証1部の売買代金は概算で2兆7200億円。業種別では石油・石炭や鉱業、その他製品などが大幅上昇。一方、下落はゴム製品のみで、輸送用機器や海運などが小幅な上昇にとどまった。昼休みに決算を発表した東芝が後場に入って買いを集め、12%超の大幅上昇。反面、下方修正を発表したブリヂストンが後場に売りに押された。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1733/値下がり324と買いが優勢。日経観測を受けて悪材料出尽くし感が強まったスルガ銀行が急騰。任天堂やリクルートなどに強い動きが見られた。きのう決算で急落したダイキンは一転大幅高。SUMCOやバンダイナムコ、NISSHAなどが決算を材料に急伸し、上方修正を発表したT&Gニーズはストップ高まで買われた。一方、安川電機やファナック、キーエンスなどFA関連は軟調な展開。日本カーボンは3Q大幅増益も買いが続かず失速して大幅安。SECカーボンなど他の黒鉛電極関連も連れ安した。下方修正を発表したシスメックスが急落。サンデンHDやオプティマスGなども決算を受けて大きく値を崩した。

 日経平均は401円高(22486円)と大幅上昇。終値では22500円を下回ったが、25日線(22364円、11/8時点、以下同じ)や200日線(22382円)は上回り、テクニカル面での好転が見られた。高値は22583円まであったが、この上には26週線(22638円)、13週線(22773円)など抵抗がいくつかあり、いったん上値は抑えられやすいタイミング。米国では11月FOMCの結果が公表される。今回は議長会見はなく、政策変更もないだろうが、12月の利上げに関する手がかりが得られるか、またそれに対してマーケットがどのように反応するかが注目される。米国の長期金利が落ち着いた状況で、ドル円の114円台乗せなどがあれば、日本株にとっては追い風となるだろう。きょうも後場は動意薄で、外部環境の後押しがない場合には、反動売りに押される展開も想定される。ただし強い動きが見られた後だけに、前述の200日線より上で週を終えることができるかに注目したい。

最終更新:11月9日(金)1時24分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、個人投資家注目の話題の銘柄や反転シグナル点等銘柄が毎日キャッチできる豊富なコンテンツを提供しています!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン