ここから本文です

お金が貯まる人の習慣、生活の仕方とは?

11月8日(木)20時30分配信 あるじゃん(All About マネー)

◆気づいたらお金が貯まっている日常習慣とは

お金を貯めるためには、どのような生活を送っていくと良いのでしょうか? 節約する? お金を使わない? 等、思いつくアイディアは人によって違ってきます。まずは、日常生活に潜んでいる悪しき習慣を見直して、お金が貯まる習慣に変換していくことが必要ではないでしょうか。お金が貯まる習慣とは、どのようなものなのか? どのようなライフスタイルを心がけると良いのか? を考えてみましょう。
拡大写真
お金を貯めるためには、どのような生活を送っていくと良いのでしょうか? 節約する? お金を使わない? 等、思いつくアイディアは人によって違ってきます。まずは、日常生活に潜んでいる悪しき習慣を見直して、お金が貯まる習慣に変換していくことが必要ではないでしょうか。お金が貯まる習慣とは、どのようなものなのか? どのようなライフスタイルを心がけると良いのか? を考えてみましょう。
習慣というのは、お金が貯まる・貯まらないだけでなく、人生をも左右することがあることをご存知ですか?

お金を貯めるための基本は、収入と支出のバランスです。収入よりも支出が多ければ家計は赤字になりますし、支出よりも収入が多ければ家計は黒字になります。非常にシンプルな法則であり、今よりも支出を抑えることができれば、必然とその分のお金は貯まっていきます。

●ランチを見直す
同僚とのコミュニケーション時間でもあるランチタイム。サラリーマンやOLにとって大事な時間ですが、ランチの定番が外食なら、すぐにでも回数を減らしましょう。

1食800円のランチを週に5回食べている場合、週に3回お弁当を持参するだけで1週間で2,400円の節約に。1カ月で9,600円、約1万円もの節約に繋がります。

お弁当を作るのが面倒なら簡単に準備できるサラダだけを持参して、コンビニでサンドウィッチやおにぎりを買えばリーズナブルでバランスの良いランチになりますし、節約効果も期待できます。野菜たっぷりのスープ等を作って持参すれば、満足度は更にアップします。

●ポイントカードを携帯しよう
よく行くお店でポイントカードが導入されているのなら、積極的に活用してポイントをGET&割引サービスを受けてみて下さい。

ポイントカードは、お財布に入れておくとパンパンに膨らんでしまい恥ずかしいからと携帯しない人もいるのですが、名刺入れサイズの携帯用カードホルダーに分類して持っておくと便利ですよ。

出かけるときにお財布&フォルダーを一緒にポーチに入れておけば、ポイントの貰い忘れも防げます。最近では、スマホのアプリをダウンロードしておけば割引クーポンが貰えたり、割引サービスが受けられる会社もありますので利用しましょう。

◆不用品を効率よく処分する

「もう使わないんだけど……」と思いつつ、処分していない品物が眠っていることはありませんか? もう使わないと分かっているのなら早めに処分してしまいましょう。

書籍やCD、洋服や靴、ジュエリー等は、オークションサイトに出せば現金化できます。オークションは面倒だというのなら、リサイクルショップへ行って現金化するのも手ですね。

無料ではありますが、大手眼鏡チェーン店の中には不要になった眼鏡を持って行くと、お礼として眼鏡拭きをプレゼントしてくれるところがあります。チェーン店では眼鏡をリサイクルするために引き取るのですが、ものを無駄にしないのは大切なこと。不要になったものを処分しただけなのに感謝までされますので、気分は最高です!

◆生活を豊かにするための習慣

ゆとりある生活を送るために大切なことは、お金だけではありません。そのポイントとなるのが、自分の居心地の良い場所がキープできているかということです。

たとえば、自分の部屋が「汚部屋」になっていると気分が滅入ってしまいますし、必然と自宅で過ごす時間が減っていきます。外に出ている時間の長さと、消費する額は比例していきますので、余分なお金を使うことになってしまいます。

もちろん「汚部屋」は、運気的にもNGですよ!

一気にまとめて掃除をするのは大変だと思いますので、曜日ごとに掃除する場所を決めて掃除をし、快適な空間を手に入れる習慣を身につけましょう。特にトイレやキッチンやお風呂の水回りは念入りに!

お金が貯まる習慣と聞くと難しいことをイメージしがちなのですが、要はこれって無駄かも?と感じるものを見直すことが悪しき習慣を良い習慣へと変換する近道になります。一度ライフスタイルを省みて、自分の習慣を見直してみてはいかがですか?
飯田 道子(マネーガイド)

最終更新:11月8日(木)20時30分

あるじゃん(All About マネー)

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン