ここから本文です

エンカレッジは年初来高値更新、第2四半期営業益2.5倍で通期計画進捗率86%

11月7日(水)10時21分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
エンカレT 748 +3
 エンカレッジ・テクノロジ <3682> が急反発し、年初来高値を更新した。同社は6日取引終了後に、19年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表。営業利益は3億8500万円(前年同期比2.5倍)となり、通期計画4億5000万円に対する進捗率は85.6%に達した。

 売上高は11億9500万円(同29.3%増)で着地。システム操作・点検・監査ソリューション「ESS REC」や特権ID管理製品「ESS AdminControl」など主力製品の好調さを背景に、主力のパッケージソフトウェア事業が拡大したことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:11月7日(水)10時21分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン