ここから本文です

バンク・オブ・イノベーションはスマホゲームアプリを開発、19年3月期増収増益予想

10月31日(水)9時16分配信 サーチナ

バンク・オブ・イノベーション<4393>(東マ)はスマホゲームアプリを開発している。18年9月期は主力タイトルが好調に推移して大幅増収増益予想である。
拡大写真
バンク・オブ・イノベーション<4393>(東マ)はスマホゲームアプリを開発している。18年9月期は主力タイトルが好調に推移して大幅増収増益予想である。
現在値
BOイノベ 1,902 -65
 バンク・オブ・イノベーション <4393> (東マ)はスマホゲームアプリを開発している。18年9月期は主力タイトルが好調に推移して大幅増収増益予想である。株価は地合い悪化も影響して安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■スマホゲームアプリを開発
 
 18年7月東証マザーズに新規上場した。スマホゲームアプリを開発している。基本無料・アイテム課金制を採用し、有料アイテムの売上が主たる収入源となる。15年2月リリースの「幻獣契約クリプトラクト」や17年8月リリースの「ミトラスフィア」が収益を牽引している。
 
■18年9月期大幅増収増益予想
 
 18年9月期の非連結業績予想(8月14日に増額修正)は、売上高が17年9月期比22.5%増の49億円、営業利益が2.3倍の4億円、経常利益が2.4倍の3億80百万円、純利益が33.7%増の2億66百万円としている。主力タイトルが好調に推移して大幅増収増益予想である。
 
■株価は落ち着きどころを探る段階
 
 株価は地合い悪化も影響して安値圏だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。10月30日の終値は1574円、今期予想連結PERは約21倍、時価総額は約61億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:10月31日(水)9時16分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン