ここから本文です

〔ロンドン外為〕円、112円近辺(23日)

10月24日(水)0時09分配信 時事通信

 【ロンドン時事】23日のロンドン外国為替市場では、世界的な株安で投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産とされる円が全面高となり、円相場は1ドル=112円近辺に上昇した。午後4時現在は112円05~15銭と、前日午後4時(112円80~90銭)比75銭の円高・ドル安。
 円の対ドル相場はじり高で、一時111円台に突入した。アジア市場で株価が急落し、欧州株も軒並み下落。欧州時間の午後にオープンした米国市場の寄り付きでも株価が大幅安となった。円にはリスク逃避の買いが集まり、主要通貨に対して全面高。同様に安全資産とされるスイス・フランも円以外に対して堅調だった。
 ユーロはイタリア予算案をめぐる思惑から神経質な動き。ユーロの対ドル相場は午後4時現在1ユーロ=1.1455~1465ドル(前日午後4時は1.1465~1475ドル)。対円では同128円40~50銭(129円40~50銭)で1円の円高・ユーロ安。
 ポンドは英国の欧州連合(EU)離脱交渉の停滞を受けてさえない。1ポンド=1.2970~2980ドル(1.2965~2975ドル)。スイス・フランは1ドル=0.9945~9955フラン(0.9965~9975フラン)。(了)

最終更新:10月24日(水)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン