ここから本文です

【ディーラー発】ドル売り一巡(欧州午後)

10月23日(火)20時51分配信 セントラル短資FX

ドル円は112円14銭付近まで下値を拡大するも、米債利回りの低下幅縮小に伴い一時112円36銭付近まで持ち直した。ドル売りの流れが一巡すると、ユーロドルが1.1455付近まで、豪ドルドルが0.7064付近まで軟化。そうした中、トルコ連立政権の解消報道を嫌気し売られていたトルコ円は、エルドアン大統領の演説でサウジアラビア記者死亡事件について国王や皇太子に対する直接的な批判が無かったことから関係悪化への警戒感が後退し19円06銭付近から19円48銭付近まで買い戻されている。20時50分現在、ドル円112.244-247、ユーロ円128.769-774、ユーロドル1.14723-727で推移している。

最終更新:10月23日(火)20時51分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン