ここから本文です

京セラ-8日ぶり反発 金属や水分付近でも電波強度維持できるアンテナ開発

10月12日(金)10時42分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
京セラ 5,675 -144
 京セラ<6971>が8日ぶり反発。12日付の日刊工業新聞で、同社が金属や水分の近くに設置しても電波強度を維持できる小型・薄型アンテナの開発に成功したと報じられた。

 自然界に存在しない性質を持つ人工磁気壁(AMC)にアンテナ機能を持たせる独自技術の組み合わせによって実現したという。周波数が2.4ギガヘルツ帯でAMCを用いた一体型アンテナとしては業界で初とみられる。工場のIoT(モノのインターネット)化などを加速させるアンテナとしてシステム開発と顧客開拓を急ぎ、2019年度の事業化を目指すとしている。今後の業績拡大への期待から、株価は軟調な地合いの中で上昇している。
石津

最終更新:10月12日(金)10時42分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

株・為替ニュースでおなじみのトレーダーズ・ウェブ では、12月19日のソフトバンク上場で注目のIPO情報も提供しています。
さらに会員サービスの「トレーダーズ・プレミアム」では、上場銘柄の 「ファーストインプレッション」 「仮条件分析」 「公開価格分析」 など、一歩も二歩も踏み込んだ上場銘柄分析がご覧いただけます!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン