ここから本文です

しまむらが反落、三菱UFJモルガン証は「ニュートラル」継続、目標株価は9100円に引き下げ

10月12日(金)16時14分配信 モーニングスター

現在値
しまむら 9,480 -150
 しまむら <8227> が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では11日付で、レーティング「ニュートラル」(中立)を継続、目標株価は9700円から9100円に引き下げている。

 同証券では業績予想を下方修正、あわせて目標株価を9100円に引き下げるとしている。エクイティストーリーは、主力の「しまむら業態」を中心とした販売基調改善を挙げている。19年12月期に入り客数増を狙った記念催事を強化してきたものの、天候不順や都市部での一部自社競合発生などもあり、販売不振に歯止めがかかっていないことから、「ニュートラル」を継続するとしている。安定成長軌道に戻るには、「しまむら業態」を中心に、販売基調が改善する必要があると考えるとコメントしている。

 19年2月期第3四半期(18年9-11月)立ち上がりの9月も天候不順の影響もあるが販売不振が続いており、本格的な秋冬シーズンとなる10月以降の販売動向がポイントになろうとしている。

 同証券では連結営業利益について、19年2月期343億円(前期比20%減、従来390億円、会社側計画は394億1000万円)、20年2月期360億円(従来393億円)、21年2月期366億円(同399億円)と試算している。

 12日終値は前日比160円安の9580円。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月12日(金)16時14分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン