ここから本文です

【ディーラー発】全般小動き(欧州午後)

10月12日(金)20時49分配信 セントラル短資FX

ムニューシン米財務長官の「中国と為替についての建設的な議論を行った」等の発言が伝わるも反応は限られ、全般的に落ち着いた値動き。ドル円は112円22銭付近まで僅かに軟化したものの、下値は限られ112円32銭付近まで小幅に反発している。また、ユーロドルは1.1580前後でレンジ内取引に終始し、ポンドドルは1.3210前後で売買が交錯。クロス円もユーロ円は130円ちょうど前後で、ポンド円は148円30銭前後で膠着するなどNY勢参入待ちの状況。20時48分現在、ドル円112.329-332、ユーロ円130.023-028、ユーロドル1.15752-756で推移している。

最終更新:10月12日(金)20時49分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン