ここから本文です

【ディーラー発】円売り優勢(東京午前)

10月12日(金)11時10分配信 セントラル短資FX

続落した日経平均の下げ幅縮小に伴いリスク回避の流れが後退し円売りが優勢に。ドル円は米債利回りの上昇も後押しとなり112円31銭付近まで値を上げた。クロス円はユーロ円が130円25銭付近まで、ポンド円が148円63銭付近まで買われたほか、豪ドル円が80円01銭付近までじり高に推移。一方、ユーロドルは前日高値を僅かに上抜け1.1603付近まで上値を試したものの、同水準では売り圧力も強く伸び悩む状況となっている。11時09分現在、ドル円112.271-274、ユーロ円130.184-189、ユーロドル1.15955-959で推移している。

最終更新:10月12日(金)11時10分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン