ここから本文です

〔米株式〕ダウ大幅続落、一時370ドル超の下げ(11日午前11時半ごろ)

10月12日(金)0時31分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】11日午前のニューヨーク株式相場は、前日の急落を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まる中、大幅続落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均の前日終値比下げ幅は一時370ドル超に拡大した。午前11時25分現在は、ダウが200.51ドル安の2万5398.23ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が34.34ポイント安の7387.71。
 米長期金利の上昇や世界的な貿易摩擦への懸念が強まり、パニック的な売りとなった前日の弱地合いが継続し、この日も値動きは荒い。
 米労働省が早朝に発表した9月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.1%上昇、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も0.1%上昇し、いずれも市場予想(ロイター通信調べ、中央値)の0.2%上昇を下回った。これを受け、朝方の債券相場では長期金利の上昇が一服。ダウ平均は一時約85ドル高を付ける場面もあったが、米中間の貿易摩擦激化や新興国リスクに対する懸念なども再燃しており、相場はあと下げ幅を拡大している。(了)

最終更新:10月12日(金)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン