ここから本文です

日経平均が大幅反落スタート、米国株の大幅安や対ドルでの円高で売り優勢=11日寄り付き

10月11日(木)9時03分配信 モーニングスター

 11日の日経平均株価は、前日比462円67銭安の2万3043円37銭と大幅に反落してスタート。現地10日のシカゴ日経平均先物の円建て清算値は、10日の大阪取引所終値比730円安の2万2800円で、同清算値にサヤ寄せする動きが先行した。同日の米国株式は、NYダウが前日比800ドルを超える下げとなり、2月8日(1032.89ドル)以来、8カ月ぶりの大幅下落となったほか、ナスダックも急反落。対ドルでの円高進行もあり、リスク回避姿勢が強まったようだ。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=112円台の前半(10日終値は1ドル=113円07-08銭)、1ユーロ=129円台の半ば(同129円95-99銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:10月11日(木)9時03分

モーニングスター

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン