ここから本文です

【為替本日の注目点】米株価急落でドル円112円台に

10月11日(木)11時24分配信 サーチナ

ドル円は113円台前半から急落。株式市場で株価が大きく下げ、リスク回避の円買いドル売りが加速し、112円25銭まで売られる。ドルの買い持ちを減らす動きが(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
ドル円は113円台前半から急落。株式市場で株価が大きく下げ、リスク回避の円買いドル売りが加速し、112円25銭まで売られる。ドルの買い持ちを減らす動きが(イメージ写真提供:123RF)
 ドル円は113円台前半から急落。株式市場で株価が大きく下げ、リスク回避の円買いドル売りが加速し、112円25銭まで売られる。ドルの買い持ちを減らす動きが優勢となり、この日の安値圏で引ける。ドル安が進んだことでユーロドルも反発。英国のEUからの「ハードブレグジット」懸念が後退したこともあり、1.1545まで上昇。株式市場は全面安の展開。長期金利の上昇や、米中貿易戦争長期化への懸念が蒸し返され、ダウは831ドル安。ナスダックも315ポイント安と急落。中国関連銘柄の下落が目立った。株価が急落し、リスク回避の流れから安全資産の債券は買われた。長期金利は3.16%台まで低下。金は反発。原油価格は供給減少懸念が後退したことで大幅安。
9月生産者物価指数     → 0.2%
ドル/円112.25 ~ 113.26
ユーロ/ドル1.1488~ 1.1545
ユーロ/円 129.23 ~ 130.50
NYダウ -831.83 → 25,598.74ドル
GOLD +1.90 →1,193.40ドル 
WTI-1.79  →73.17ドル 
米10年国債 -0.043 → 3.163%
本日の注目イベント
亜   G20(インドネシア・バリ島、12日まで)
米   9月消費者物価指数
米    新規失業保険申請件数
米   9月財政収支 
 この欄でも何度か触れたことがありますが、今年2月の初めに、ドル円が円高ドル安に転じたきっかけはNY株式市場の急落でした。昨日再び同じような事態が起き、ドル円は約3週間ぶりに112円台前半まで円高が進んでいます。
 NYダウは前日比831ドル(3.7%)下げ、ナスダックは4%を超える下げを見せました。今回も米長期金利の上昇が株価急落の原因の一つと伝えられていますが、米長期金利の上昇は今に始まったわけではありません。米長期金利は9月の18日に再び3%台を回復しましたが、その日のダウは184ドル高と、大幅に上昇して取引きを終えています。長期金利はそれから徐々に上昇し、今週9日には3.26%台まで上昇しました。「ドル高・株高」、さらに言えば、「原油高」が続いた「楽観相場」、「適温相場」が修正を迫られた格好です。
 昨日の株価急落の理由付けには、「米中貿易戦争長期化への懸念」も挙げられています。こちらも「今さら」という気がしないでもありませんが、この欄でも今の米中関係はここ数年で最悪の状態であると述べてきました。株価の大幅下落に比べ、ドル円は円高方向に振れてはいますが、その値幅はまだ軽微です。
 注意したいのは、ここからのNY株式市場の動きです。2月2日(金)に前日比665ドル下落したダウは、翌日5日(月)には1175ドルと、さらに下げ幅を拡大して下落しました。そしてその翌日には567ドル反発し、これで一旦下げ止まったかに見えましたが、8日(木)には1032ドル安と、再び1000ドルを超える下げを演じ、株式市場に先行き不安が広がりました。ただ振り返ればこの日記録したダウの引け値、2万3860ドルが今年の最安値で、その後「適温相場」が続き、先週4日には2万6828ドルの史上最高値を記録したことはご承知の通りです。結局、為替も株式も全員参加で、同じ方向に走って行った時には、いずれは大幅な調整が誘発されるということだと思います。
 NY市場では112円25銭まで下げたドル円は、「8時間足」の雲の下限で止まった形になっていますが、本日の日本株も大幅下落は避けられないでしょう。株価の下落に伴ってドル円がどこまで売られるのかが焦点ですが、112円を維持できるかどうかも注目されます。112円を割り込んだ場合には、「日足」の「52日線」がある、111円80銭前後が次のサポートになりそうですが、「ドルが下げたら買いたい」と考えていた投資家がどこまで買いを入れるかにも注目です。予想レンジは111円70銭~112円70銭程度と見ていますが、どうでしょう。 (執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:10月11日(木)11時26分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン