ここから本文です

前場コメント No.3 クロスフォー、ホンダ、ウエルシア、中外製薬、第一生命など

10月4日(木)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
ウエルシア 6,200 +80
中外薬 6,800 -10
ホンダ 3,065 -29
クロスフォ 420 -3
第一生命H 2,326.5 +9.5
★9:03  クロスフォー-買い気配 岩井コスモが新規「A」 中期的な成長期待が高まる
 クロスフォー<7810>が買い気配。岩井コスモ証券では、テニスブレスレットなど新たな商材投入で、中期的な成長期待が高まるとコメント。投資判断「A」、目標株価600円として、新規カバレッジを開始した。
 前期業績はテレビCMなど広告宣伝費投入でコストが増加したほか、中国での模倣品業者の増加で海外売上高が減少し、大幅な減益決算となった。今期は広告宣伝費を抑えるほか、模倣品対策の推進や中東市場開拓による海外売上高の増加、機械化したテニスブレスレットなど新たな商材投入により、収益回復が進む見通し。
 株価は前期業績の悪化から下落し、低迷が続いているが、前期をボトムに今期以降の収益回復とともに、上昇に転じる公算が大きいとの見方を示した。

★9:04  ホンダ-反発 GMクルーズHD・GMと無人ライドシェアサービス用車両の開発で協業
 ホンダ<7267>が反発。同社は3日に、GMクルーズホールディングス(以下、GMクルーズHD)、ゼネラルモーターズ(以下、GM)と、自動運転技術を活用したモビリティの変革という共通のゴールに向けて、協業を行うと発表した。
 同社は、GMクルーズHD、GMと、無人ライドシェアサービス専用車の共同開発を行い、無人ライドシェアサービス事業のグローバル展開の可能性も視野にいれ、3社合同で進めていく。この領域の協業に向け、同社はGMクルーズHDへの出資額7.5億ドルと、今後12年に渡る事業資金約20億ドルの合計27.5億ドルを支出する予定としている。

★9:04  ウエルシア-売り気配 上期営業益4%増も材料出尽くしで
 ウエルシアホールディングス<3141>が売り気配。同社は3日に、19.2期上期(3-8月)の連結営業利益は150億円(前年同期比3.9%増)だったと発表した。通期の会社計画318億円に対する進ちょくは47.3%となっている。
 既存店の改装などウエルシアモデルの積極的な推進、顧客への安心の提供と利便性向上を目的とした24時間営業店舗の拡大(8月末現在165店舗)、調剤併設店舗の増加(8月末現在1210店舗)による調剤売り上げの伸長などにより、既存店の売上高が好調に推移したことなどが寄与する。しかし、株価は決算期待で上昇していたこともあり、材料出尽くしで売りが優勢となっている。

★9:04  中外製薬-UBSが「Neutral」へ引き下げ 資本配分に課題
 中外製薬<4519>が8日ぶり反落。UBS証券では、資本配分に課題ありと判断。レーティング「Buy」→「Neutral」、目標株価を7700円→6500円と引き下げた。
 血友病A治療剤ヘムライブラの非インヒビター追加適応が米国で間もなく承認され、順調に拡大する見込みだが、おおむね株価に織り込まれつつあると考えられる。投資家は生産性の高い中外の創薬から次のパイプラインを期待するとみられるが、今のところ短期的に出現しつつあるネガティブ材料を上回るような次世代大型候補は見えていない。
 6月末時点で約2700 億円の純現金を保有する。今後、ヘムライブラの拡大で純現金水準は大きく上昇する見込み。ロシュ傘下というビジネスモデルと自社株買いの制約を考えると、大型M&A(合併・買収)の見込みが低く、現在50%からのコア配当性向引き上げは合理的と考えられる。しかし、今のところそれは期待しにくいとした。

★9:05  第一生命-UBSが「Sell」へ2段階引き下げ 高いベータと低いRoEVによる割高感
 第一生命ホールディングス<8750>が買い気配。UBS証券では、高いベータと低いRoEVによる割高感から、レーティングを「Buy」→「Sell」と引き下げた。目標株価は2180円→2250円と引き上げた。
 足もとの超長期金利の上昇を踏まえ、目標株価を引き上げ。ただし、株価はそれ以上に大きく上昇しており、結果的にバリュエーションに割高感が出ていると判断、投資判断を「Sell」に引き下げ。超長期金利はまだ若干の上昇余地があり、長期金利の感応度が高い生保株は総じてアップサイドが大きいと考えられるが、バリュエーションの割高感から第一生命をセクター内のボトムピックとした。業績予想には変更はなし。
小林

最終更新:10月4日(木)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン