ここから本文です

シンクロ・フードは下値固め完了感、19年3月期増収増益予想

10月4日(木)8時46分配信 サーチナ

シンクロ・フード<3963>(東1)は飲食店の出店・開業・運営を支援するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。ユーザー数増加基調で19年3月期増収増益予想である。
拡大写真
シンクロ・フード<3963>(東1)は飲食店の出店・開業・運営を支援するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。ユーザー数増加基調で19年3月期増収増益予想である。
現在値
シンクロF 566 -30
 シンクロ・フード <3963> は飲食店の出店・開業・運営を支援するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。ユーザー数増加基調で19年3月期増収増益予想である。第1四半期は順調だった。通期も好業績を期待したい。株価は年初来安値圏だが下値固め完了感を強めている。反発を期待したい。
 
■飲食店支援サイト「飲食店.COM」運営が主力
 
 飲食店の出店・開業・運営に役立つサービスをワンストップで提供するサイト「飲食店.COM」運営を主力としている。飲食店向けに不動産、求人、食材仕入先などの情報を提供し、広告収入や利用課金が収益源となる。
 
 18年3月飲食業界に特化したM&A仲介・人材紹介のウィットを子会社化、18年6月スマホアプリ「飲食店タイムカード」を提供開始した。18年8月には会議室・ワークスペースのシェアサービス「スペイシー」を運営するスペイシーに出資した。18年9月には九州エリアにおける物件サービスの提供を開始した。
 
 中期計画では23年3月期末の登録ユーザー数20万件、有料ユーザー数1.5万件、登録事業者数6000社を目指している。
 
■19年3月期増収増益予想
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比34.0%増の18億46百万円、営業利益が11.0%増の6億61百万円、経常利益が15.9%増の6億61百万円、純利益が22.1%増の4億44百万円としている。事業連携強化のための投資を拡大して人件費や広告宣伝費が増加するが、主力の「飲食店.COM」登録ユーザー数が順調に増加して増収増益予想である。
 
 第1四半期は売上高が4億27百万円、営業利益が1億76百万円、経常利益が1億76百万円、純利益が1億12百万円だった。登録ユーザー数が13万3665件(前年同期比14.3%増)と順調に増加した。サービス別売上高は運営サービスが3億29百万円、出退店サービスが70百万円、その他が27百万円だった。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高23.1%、営業利益26.6%と順調である。通期も好業績を期待したい。
 
■株価は下値固め完了感
 
 株価(18年4月1日付で株式3分割)は戻りの鈍い展開だが、800円~900円近辺で推移して下値固め完了感を強めている。10月3日の終値は841円、今期予想連結PERは約50倍、時価総額は約224億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線突破の動きを強めている。反発を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

最終更新:10月4日(木)8時46分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン