ここから本文です

日経平均テクニカル:8日続伸、ボリンジャーは過熱感後退

9月26日(水)18時15分配信 フィスコ

26日の日経平均は8営業日続伸。後場に節目の24000円を突破した。ローソク足は寄り付き直後に本日のザラ場安値を見た後で高値引けし、「陽の丸坊主」に近い小陽線となった。5日線を一時割り込んだものの、終値では上回った。25日線など主な移動平均線も上向きをキープし、強い上昇トレンドを再確認した。一目均衡表では、転換線と基準線の上昇が続いたほか、遅行線は株価に対する上方乖離幅を拡大する流れが続き、相場は一段と強気に傾く格好となった。ボリンジャーバンドでは、日々線は上向きの+2σの下方で推移しており、過熱感がやや後退した形となった。《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月26日(水)18時18分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン