ここから本文です

明日の日本株の読み筋=配当権利落ち分の「即日埋め」に注目

9月25日(火)17時18分配信 モーニングスター

 26日の東京株式市場は、堅調な展開か。「日経平均株価の配当権利落ち分は160円程度」(中堅証券)とみられ、先行き相場の強弱を判断するポイントとして、配当権利落ち分を即日で埋めることができるか否かに注目が集まろう。日経平均株価のPERは13倍台で割高感はなく、下値には押し目を拾う動きも期待されることから、底堅く推移しそうだ。

 25日の東京市場は、前週末比70円33銭高の2万3940円26銭と7日続伸して取引を終了。手掛かり材料に乏しいなか、中国上海総合指数が反落し、時間外取引での米株価指数先物が弱含みで推移したものの、「3、9月期決算銘柄の配当取りや買い戻しが入り、堅調な動きとなった」(他の中堅証券)との見方があった。

 25日の米国では、日本時間の午後10時に7月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数が、同11時には9月消費者信頼感指数が発表される。国連総会で、安倍晋三首相が一般討論演説を行う。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月25日(火)17時18分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン