ここから本文です

「繰り上げ返済」を駆使した不動産投資、メリットはある?

9月25日(火)20時00分配信 不動産投資の楽待

(写真© beeboys-Fotolia)
拡大写真
(写真© beeboys-Fotolia)
こんにちは! 埼玉サラリーマン大家です。

私は、1棟を完済してから次の物件を買うのが基本スタンスです。そのため、早く次の物件を買うためにスピードアップをする必要があります。

結果として、繰上返済を多用する変わった投資手法を取ってきました。私が不動産投資を開始した当時は、投資に関する本も少なかったので、独自にやってきただけです。リスクが怖くて、絶対に破綻しない方法を取りたかったのかもしれません。

実は、「頑張って返すぞー!」と毎回ガムシャラにやっているときもありました。返し終わったあとの自分の余力を計算して、その余力の中にある安全圏の物件を買うことを繰り返してきただけなのです。

不動産投資の良いところは、借金をして物件を買えるところです。だから、数千万円~億単位の資産を借金で買えます。私のような普通のサラリーマンがこんな勝負をしたら、何が何でも頑張るしかありません。

購入前に種銭を貯めるために頑張ると言っても、その努力には誘惑も多いです。節約はつまらないので、お金を貯めることは大変なことです。でも、不動産投資にチャレンジしたら収益不動産の現物が手に入ります。その実感があることで頑張れる部分も大いにあります。

物件を買うと「よし、頑張って返すぞ!」という思いが湧いてくるから不思議です。こうなるとツライだけではなく、楽しいものになっていきます。大きな夢を手に入れるからだと思います。人間は夢があると強いですね。

だから、「借金をして勝負しちゃえ」と煽っているわけではありません。この前提には、それなりに儲かる物件であることが必要です。どんな物件でも買えばよいというわけではありません。ただ、不動産投資をやってみると、現物が目の前にあることと大きな夢を持つことの力を実感します。

私の手法も、よくストイックだと言われます。不動産投資を始めてからずっと持ち出しを続けて繰上返済に突っ込んでいくので、資産は増えていきますが、キャッシュフローはずっとマイナスです。完済して、次の物件を買うまでの間だけがプラスのキャッシュフローです。その間も、生活レベルは変えずに種銭を増やしているだけの期間です。

ただ、やっている身としては、そんなにストイックだとは思っていません。夢に向かって楽しんでやっていますし、壮大なゲームをやっているような気分でもあります。傍から見たらストイックに思えるような行動を、楽しみながらできるところも不動産投資のメリットだと思います。

「長い間をかけて、ただガムシャラにお金を貯め続けろ」と言われたらへこみます。でも、楽しんでやれて、お金を貯めるだけよりも遥かに効率よく稼げるので、やる気も起きます。もっと融資を効率的に利用する投資手法のほうが投資効率は良いかもしれません。しかし、繰り上げ返済を駆使した手法は、安全で破綻の少ない手法だと思います。

※上記は、楽待新聞の実践大家コラムニスト、埼玉サラリーマン大家さんが執筆したコラムです。文章、写真、画像、イラストおよびデータ等上記記事は、執筆者の責任において作成されています。
埼玉サラリーマン大家

最終更新:9月25日(火)20時00分

不動産投資の楽待

 

情報提供元(外部サイト)

不動産投資の楽待

不動産投資の楽待

株式会社ファーストロジック

最新記事を毎日更新

実際に不動産投資を行っている投資家の
「失敗談」や「成功談」をはじめ、
不動産投資をするなら必ず抑えておきたい
ノウハウを記事にして毎日配信!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

平均年収ランキング

ヘッドライン