ここから本文です

東京為替:手掛かり材料不足もドル・円は112円61銭まで買われる

9月24日(月)9時57分配信 フィスコ

24日午前の東京市場でドル・円は112円60銭近辺で推移し、やや底堅い動きが続いている。日本と中国本土の株式市場が休場となるため、アジア市場における主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられる。ただし、顧客筋のドル売りは少ないことから、一部投資家は米利上げを想定してリスク選好的なドル買い・円売りを実行するとの見方が出ている。ここまでのドル・円は112円42銭から112円61銭で推移。
・ユーロ・円は、132円05銭から132円27銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1740ドルから1.1751ドルで推移

■今後のポイント
・2000億ドル分の対中追加輸入関税は24日発動へ
・日米貿易協議への警戒感でリスク選好のドル買いは抑制される可能性
・112円-114円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値71.66ドル 安値71.14ドル 直近値71.60ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:9月24日(月)9時57分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン