ここから本文です

イタリア中銀総裁、財政赤字拡大による債務への影響を警告

9月24日(月)17時34分配信 ロイター

[バレンナ(イタリア) 22日 ロイター] - イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は22日開催された会合で、構造的な経済成長を促進しない財政赤字の拡大は、同国債務を持続不可能な方向へ進ませる可能性があると警告した。

ビスコ総裁は、「非生産的な財政赤字の拡大は国家財政の見通しを悪化させ、投資家の懸念をあおり、国債のリスクプレミアムは上昇するだろう」と述べた。

コンテ首相は21日に主要閣僚と面談し、予算をめぐり、財政支出の拡大計画に反対する経済相と連立与党の間の対立を解消しようとした。

ビスコ氏は、「予算の拡大が投資家の信頼感の低下を伴う場合、金利への影響が特に顕著になる可能性がある」と述べた。

最終更新:9月24日(月)17時37分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン