ここから本文です

<特集>下期に活躍が期待できる銘柄は?(4)=バルカー:利益上ブレ観測に目先調整一巡感も

9月23日(日)7時48分配信 モーニングスター

現在値
バルカー 2,876 +12
 日本バルカー <7995> はマーク続行の対象になる。19年3月期第1四半期(18年4-6月)の連結決算で営業利益は17億4100万円(前年同期比15.7%増)。シール製品事業、機能性樹脂製品事業ともに先端産業向けに売上高が拡大し、機能市場およびプラント市場への販売も伸び、2ケタ増益を確保した。決算発表と同時に営業利益は第2四半期(18年4-9月)が32億円(前年同期比16.8%増)へ、通期が60億円(前期比11.6%増)へと各3億円の増額修正となった。ただ、進ちょく率では対上期が54.4%、対通期が29.1%となお慎重とみられる。今期の同利益は2期連続の最高利益更新が確実視されるとともに、一部では66億円への上ブレも観測されており、好業績銘柄として見逃せない存在だ。

 株価は、7月30日に年初来高値3715円を付けた後、下げ足に転じたが、今月13日の直近安値2907円で目先底入れの動きに変わりつつある。この水準は、7月6日の安値2879円に近く、さらには3月26日の年初来安値2810円を視野に入れるものであり、目先調整一巡の可能性が出ている。ちなみに、PERは12倍台で、年間配当予想95円(中間期末45円、期末50円)に対する利回りは3%強と高く、水準訂正高の余地を残している。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月23日(日)7時48分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン