ここから本文です

北海電気工事<1832>のフィスコ二期業績予想

9月22日(土)22時30分配信 フィスコ

現在値
北海電工 670 ---
※この業績予想は2018年9月8日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

北海電気工事<1832>

3ヶ月後
予想株価
680円

電力設備工事が主力。北海道電力グループ。再生可能エネルギーや移動体通信分野でも事業展開。一般大型工事の営業強化に注力。得意先別売上高では北海道電力、一般得意先向けともに低調。19.3期1Qは業績苦戦。

部門別売上高では発送変電工事や地中線工事などが低調も、主力の配電線工事は堅調。19.3期通期は繰越受注高の減少等が響く見通し。PBRは1倍割れだが、流動性向上に課題。当面の株価は動意薄の展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/51,500/900/1,040/670/34.75/10.00
20.3期連/F予/57,000/1,200/1,340/820/42.53/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/08
執筆者:YK
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:9月22日(土)22時30分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

話題の投信ブログ(外部サイト)

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン