ここから本文です

【ディーラー発】欧州通貨買い優勢(欧州午後)

9月20日(木)21時11分配信 セントラル短資FX

EU離脱交渉懸念の後退を背景にポンド買いが進展。ポンド円は149円台まで続伸、ポンドドルも7月16日以来となる1.3287付近まで上値を拡大。また、米欧間での通商協議開催への期待感からユーロドルが1.1771付近まで、ユーロ円が131円99銭付近まで値を伸ばしている。ドル円は対主要通貨でのドル売りと円売りに挟まれ112円前半で売り買いが交錯。一方、トルコリラは軟調地合いが継続し、トルコ円は17円53銭付近まで値を崩している。21時11分現在、ドル円112.168-171、ユーロ円132.006-011、ユーロドル1.17677-681で推移している。

最終更新:9月20日(木)21時11分

セントラル短資FX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン