ここから本文です

【ディーラー発】円買い一時強まる(NY午後)

9月15日(土)5時08分配信 セントラル短資FX

午後に入り、「トランプ米大統領は米中貿易協議にかかわらず、中国に追加関税の賦課を望む」との報が伝わるとリスク回避の円買いが強まった。ドル円はNYダウの下落も重なり一時111円86銭付近まで水準を切り下げたほか、クロス円もユーロ円が130円17銭付近まで、ポンド円が146円25銭付近まで売られともに本日安値を更新している。ただ、ドル円は下値の堅さが保たれると再び112円台を回復した後、引けにかけて同水準で小幅な値動きに終始。5時07分現在、ドル円111.998-008、ユーロ円130.209-229、ユーロドル1.16253-261で推移している。

最終更新:9月15日(土)5時08分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン