ここから本文です

【ディーラー発】ドル買い優勢(NY午前)

9月15日(土)0時58分配信 セントラル短資FX

米小売売上高が市場予想を下回ったもののマーケットへの影響は限定的。しかしその後、カプラン米ダラス連銀総裁が「FRBは中立水準まで金利を引き上げるべき」と述べたことからドル買いが優勢に。ドル円は米債利回りの上昇やミシガン大学消費者態度指数の強い結果も後押しとなり112円16銭付近まで水準を切り上げ8月高値を上抜けた。一方、ユーロドルは1.1654付近まで続落、ポンドドルも1.3071付近まで値を落とすなど対主要通貨でドルは堅調。0時57分現在、ドル円112.089-092、ユーロ円130.675-680、ユーロドル1.16574-578で推移している。

最終更新:9月15日(土)0時58分

セントラル短資FX

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン