ここから本文です

欧州マーケットダイジェスト・14日 株高・円高・ドル高

9月15日(土)3時22分配信 トレーダーズ・ウェブ

(14日終値:15日3時時点)
ドル・円相場:1ドル=112.01円(14日15時時点比△0.14円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=130.31円(▲0.51円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1633ドル(▲0.0060ドル)
FTSE100種総合株価指数:7304.04(前日比△22.47)
ドイツ株式指数(DAX):12124.33(△68.78)
10年物英国債利回り:1.530%(△0.026%)
10年物独国債利回り:0.450%(△0.028%)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な欧州経済指標)        <発表値>   <前回発表値>
8月スウェーデン消費者物価指数(CPI)
前月比                ▲0.2%      0.5%
前年比                2.0%       2.1%
コア指数
前月比                ▲0.2%      0.5%
前年比                2.2%       2.2%
7月ユーロ圏貿易収支      176億ユーロの黒字  225億ユーロの黒字
ロシア中銀、政策金利       7.50%に引き上げ   7.25%

※改は改定値、▲はマイナスを表す。

(各市場の動き)
・ドル円は伸び悩み。米中貿易協議を再開するとの期待感から欧州各国の株式相場が上昇すると、投資家のリスク回避姿勢が後退し円売り・ドル買いが先行。8月米小売売上高は予想を下回ったものの、前月の数値が上方修正されたこともあって相場を押し下げる要因にはならなかった。
 米国株相場が底堅く推移し、米長期金利が上昇すると円売り・ドル買いがやや優勢となり、一時112.17円と7月20日以来の高値を付けた。8月米鉱工業生産指数や9月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値がいずれも予想より良好な内容となったことや、カプラン米ダラス連銀総裁が「FRBは中立水準まで金利を引き上げるべき」と述べたことも相場の支援材料。
 ただ、「トランプ大統領は貿易協議にかかわらず、中国製品2000億ドルに追加関税の賦課を望む」との報道が伝わると、米国株の失速とともに円買い・ドル売りが入り111.88円付近まで下押しした。

・ポンドドルは荒い値動き。英フィナンシャルタイムズ紙が「英労働党がブレグジット協定に反対票を投じる」と報じると売りが先行したものの、ラーブ英EU(欧州連合)離脱担当相が「ブレグジット交渉について相違は依然あるが、実行可能な解決策に近づいている」と発言すると1.3143ドルの本日高値まで急反発した。ただ、そのあとは全般ドル高の流れから1.3067ドルの本日安値まで値を下げた。

・ユーロドルは序盤1.1722ドルまで値を上げたものの、そのあとは米長期金利の上昇とともにユーロ売り・ドル買いが優勢となった。この日発表の米経済指標が概ね良好な内容となったこともユーロ売り・ドル買いを誘い、2時過ぎには一時1.1625ドルと日通し安値を付けている。市場では「1.1650ドルを割り込むと短期筋のストップロスを誘発し下げ幅を広げた」との指摘があった。

・ユーロ円は軟調。ユーロ安・ドル高につれた売りが出たほか、米国株価の失速に伴う売りが出て一時130.20円まで値を下げた。トランプ大統領が対中関税を諦めていないとのニュースで、リスク回避的な円買い・ユーロ売りが入った面もある。

・ロンドン株式相場は反発。米中貿易協議を再開するとの期待感から欧州各国の株式相場が上昇し、英国株にも買いが波及した。構成銘柄の約6割が上昇した。アングロ・アメリカンなど鉱業株が上げたほか、ロイヤル・ダッチ・シェルやBPなど石油株が上昇した。半面、たばこ株は売られた。

・フランクフルト株式相場は3日続伸。米中貿易協議が再開されるとの期待感から、欧州各国の株式相場が上昇した。半導体のインフィニオンテクノロジーズ(2.12%高)と自動車のフォルクスワーゲン(2.29%高)、医薬・農薬大手のバイエル(2.38%高)の値上がりが目立った。半面、医薬・化学大手のメルク(1.08%安)と消費財のヘンケル(1.12%安)は売られた。

・欧州債券相場は下落。株高や米債安につれた。
中村

最終更新:9月15日(土)3時22分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン