ここから本文です

14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、112円を挟んだもみ合いか

9月14日(金)8時46分配信 モーニングスター

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円40銭-112円40銭

 14日の東京外国為替市場のドル・円は、1ドル=112円を挟んだもみ合いか。前日のトルコ中央銀行による大幅利上げを受けトルコリラが反発、新興国通貨安への一服感が広がった。BOE(英国中央銀行)、ECB(欧州中央銀行)の金融政策決定会合も市場の想定通りで、リスクオフ後退ムードから円が売られやすくなっている。前日も米株高もあり、きょう東京時間で日経平均株価が買い先行となれば、ドル・円は堅調な動きを示しそうだ。

 ただ、米8月CPI(消費者物価指数)が市場予想を下回り、米金利が低下する場面もあったため、時間外取引の米金利の動きには気を付けたい。

<主な経済指標・イベント>
国内:9月限先物・オプションSQ(特別清算指数)値算出
米国:8月小売売上高、8月輸出入物価、8月鉱工業生産・設備稼働率、7月企業在庫、9月ミシガン大学消費者マインド指数
その他:中国8月鉱工業生産、中国8月小売売上高、中国1-8月都市部固定資産投資

提供:モーニングスター社

最終更新:9月14日(金)8時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン