ここから本文です

日経平均が大幅続伸スタート、米国株高を受け買いが先行=14日寄り付き

9月14日(金)9時05分配信 モーニングスター

 14日の日経平均株価は、前日比214円46銭高の2万3035円78銭と大幅に続伸してスタート。取り引き時間中として2万3000円台を回復するのは、8月30日以来、11日ぶり。現地13日の米国株式市場で、トルコ中央銀行の利上げにより新興国経済に対する警戒感が後退したことや、米中の貿易摩擦緩和に向けた対話の進展期待などから、NYダウが3日続伸し、ナスダックは反発。米国株高の流れを受け、買いが先行した。米シカゴ市場の日経平均先物12月限の円建て清算値は、13日の大阪取引所終値比170円高の2万2800円だった。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=112円台の前半(13日終値は1ドル=111円47-48銭)、1ユーロ=130円台の後半(同129円48-52銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月14日(金)9時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン