ここから本文です

【今夜の注目材料】カーニーBOE総裁、講演

9月14日(金)17時00分配信 サーチナ

東京市場のドル/円は、リスク選好の円売りが先行しましたが112円台の上値は重く、(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
東京市場のドル/円は、リスク選好の円売りが先行しましたが112円台の上値は重く、(イメージ写真提供:123RF)
 東京市場のドル/円は、リスク選好の円売りが先行しましたが112円台の上値は重く、伸び悩みました。安倍首相が「金融緩和をずっとやってよいとは思わない」と発言した事もあって午後には111.70円台まで弱含むなど、弱持ち合いの展開となりました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。
9/14(金)
17:00 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
18:00 ユーロ圏7月貿易収支
19:00☆カーニーBOE総裁、講演 
21:30☆米8月小売売上高
21:30 米8月輸入物価指数
22:00 エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演 
22:15☆米8月鉱工業生産指数
22:15 米8月設備稼働率
23:00 米7月企業在庫 
23:00☆米9月ミシガン大消費者態度指数・速報値
23:00 ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演 
※☆は特に注目の材料
 今夜は米8月小売売上高に注目です。昨日は、米8月消費者物価指数が予想を下回りドルが弱含んだものの、それ以上に円が弱かったためドル/円は上昇しました。「強いドル」の復活なくしては112円台の定着は難しいかもしれません。そのためには、米8月小売売上高の好結果が欠かせないでしょう。なお、市場予想は前月比+0.4%、自動車及びガソリンを除いた売上高は前月比+0.5%となっています。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.500-112.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:9月14日(金)17時00分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン