ここから本文です

日経平均は220円程度高、市場予想を上回る機械受注や米中の貿易摩擦の緩和期待が支え=13日寄り付き

9月13日(木)9時27分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 1,391 +22.5
石油資源開 2,568 +49
出光興産 5,970 -110
JXTGH 900.9 +67.8
浜ゴム 2,432 +38
 13日午前9時22分すぎの日経平均株価は、前日比220円程度高い2万2820円前後で推移。午前9時20分には、同253円80銭高の2万2858円41銭を付けている。取引開始前に内閣府が発表した7月機械受注(季節調整済み)は、船舶・電力を除く民需で前月比11.0%増となり、市場予想平均の5.5%増を上回ったことが好感された。現地12日の米国株式市場は、NYダウが続伸した一方、ナスダックは3日ぶりに反落。ただ、米中間の貿易摩擦の緩和に向け期待感が浮上したことも支えとなっているようだ。米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比25円高の2万2645円だった。

 業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株が上昇。新日鉄住金 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も高い。出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株や、三井金属 <5706> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株も堅調。コマツ <6301> 、ダイキン <6367> などの機械株や、王子HD <3861> や日本紙 <3863> などのパルプ紙株も上げている。

 個別では、アイビーシー <3920> 、Jミート <3539> 、コスモス薬 <3349> 、くら <2695> 、ポールHD <3657> などが上昇。半面、鳥貴族 <3193> 、日東網 <3524> 、アルヒ <7198> 、シーズHD <4924> 、Hamee <3134> などは下落している。

 東京外国為替市場は午前9時22分時点で、1ドル=111円台の前半(12日終値は1ドル=111円48-49銭)、1ユーロ=129円台の半ば(同129円29-33銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月13日(木)9時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン