ここから本文です

米国株式市場:米中の貿易摩擦緩和への期待感でNYダウ続伸、ナスダックは3日ぶり反落

9月13日(木)7時47分配信 モーニングスター

 12日の米国株式は、NYダウが前日比27.86ドル高の2万5998.92ドルと続伸、ナスダック総合指数は同18.245ポイント安の7954.229ポイントと3日ぶりに反落して取引を終了した。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億6414万株、ナスダック市場が22億8852万株。

 米ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版は、トランプ米政権が中国との貿易問題で、閣僚級の協議を開催することを打診したと報道。米中間の貿易摩擦の緩和に向けた期待感が浮上した。NYダウ採用銘柄では、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスやオーイング、キャタピラーなどが買われ、同指数の上昇を支えた。一方、アップルは「iPhone(アイフォーン)」の新モデル3機種を発表したが、前日に大幅高となっていたことから、利益確定売りに押された。

 米シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、12日の大阪取引所終値比25円高の2万2645円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月13日(木)7時47分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン