ここから本文です

機械受注7月は前月比+11%で2年半ぶり大幅増、外需も回復

9月13日(木)9時03分配信 ロイター

 9月13日、内閣府が発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比11.0%増と3カ月ぶりに増加、予想(ロイター予測5.7%増)も上回り、2016年1月以来の大幅増となった。都内で2010年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
拡大写真
 9月13日、内閣府が発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比11.0%増と3カ月ぶりに増加、予想(ロイター予測5.7%増)も上回り、2016年1月以来の大幅増となった。都内で2010年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
[東京 13日 ロイター] - 内閣府が13日に発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比11.0%増と3カ月ぶりに増加、予想(ロイター予測5.7%増)も上回り、2016年1月以来の大幅増となった。受注額は9186億円。前年比は13.9%増だった。

内閣府は、機械受注の判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に据え置いた。

7月は米中貿易摩擦が本格化し始めた時期でもあり、その影響が機械受注の外需に表れているか、注目する声もあった。外需は前月比6.0%増で、6月の12.0%の2桁減少からは回復したが、やや力不足だ。

*内容を追加しました。

最終更新:9月13日(木)10時21分

ロイター

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン