ここから本文です

日特建設<1929>のフィスコ二期業績予想

8月26日(日)14時51分配信 フィスコ

現在値
日特建 638 -8
※この業績予想は2018年8月10日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日特建設<1929>

3ヶ月後
予想株価
750円

特殊土木大手。環境や防災に強み。環境防災や維持補修を主力に、ダムや河川、道路、上下水道等の土木工事を展開。受注の大半が公共事業。法面や地盤改良工事の技術開発に注力。19.3期1Qは二桁の増収、大幅増益。

19.3期の受注高は620億円と伸びは一服。販売費と一般管理費の増加に加え、働き方改革に伴うコスト増を見込む。株価は防災関連として注目集まり底堅く推移。昨年高値を目指す。年間配当4円増配も後押し。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/62,000/3,400/3,350/2,250/53.94/29.00
20.3期連/F予/65,000/3,550/3,500/2,350/56.34/28.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/10
執筆者:NI
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月26日(日)14時51分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン