ここから本文です

東京為替:ドル・円は110円10銭台、株価反転でドル売り縮小も

8月22日(水)9時52分配信 フィスコ

22日午前の東京市場でドル・円は110円10銭台で推移。日経平均株価は小幅高で推移しており、株高を意識してドル売り・円買いは縮小している。現時点でリスク回避的なドル売りが大きく広がる状況ではないとみられる。ここまでのドル・円は110円03銭から110円31銭で推移。
・ユーロ・円は、127円35銭から127円62銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1568ドルから1.1581ドルで推移

■今後のポイント
・109円台半ば近辺で個人勢などのドル買い興味
・112-114円台で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値66.15ドル 安値65.98ドル 直近値66.01ドル

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:8月22日(水)9時55分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 優待特集

ヘッドライン