ここから本文です

任天堂が売買代金断トツで続伸、外資系証券から強気見通しが相次ぎ上昇加速

8月21日(火)12時55分配信 みんなの株式

(写真:みんなの株式)
拡大写真
(写真:みんなの株式)
現在値
任天堂 41,600 +20
 任天堂 <7974> が3日続伸。きょうは600円高超に買われ3万7000円台まで上値を伸ばし、上げ幅は3日間合計で2800円弱に達した。売買代金は後場寄り早々に500億円を上回り、全上場銘柄中で断トツ。個人投資家のほか一部機関投資家の参戦で商いも厚くなっている。市場では「ゲーム関連株は中国でのゲームライセンス承認の凍結の動きがマイナス材料と捉えられたが、そのなか同社は海外では米国向け中心で影響は少ない。また、前日に複数の外資系証券会社から株価に強気な投資判断が出されており、これが上値期待につながっている。JPモルガンが『オーバーウエイト』を再度強調、また、ジェフリーズ証券は現在の株価水準は魅力的として目標株価を従来の6万4200円から6万5100円に引き上げている。ジェフリーでは営業利益は今後3年で3倍の規模になると非常に強気な見解を示し、PERは現預金を差し引いたベースでは9.5倍と10倍を切るとの見方でインパクトを与えたようだ」(準大手証券ストラテジスト)としている。

出所:minkabuPRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新:8月21日(火)12時55分

みんなの株式

 

情報提供元(外部サイト)

みんなの株式

みんなの株式

ミンカブ・ジ・インフォノイド

株式投資の総合サイト

「みんなの株式」はみんなが集まる、みんな
で作る金融投資情報サイト。目標株価や売買
予想などで、個人投資家の個別株投資を強力
にナビゲートします!

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン