ここから本文です

新興市場展望=“メルカリ指数”本領発揮?―好決算銘柄をコツコツ拾う、追撃買いに成果あり

8月11日(土)8時08分配信 モーニングスター

現在値
ミクシィ 2,578 -57
手間いらず 3,115 +20
じげん 752 -5
FFRI 3,775 +170
グロバルW 3,130 -75
 マザーズ指数が「メルカリ指数」と化して1週間ちょっと。予想通り、メルカリ <4385> の値動きに左右される展開となっている。全般の投資マインドも指数の動きに連動している形だが、決算発表で好内容を示す銘柄は少なくない。直近IPO(新規上場)銘柄の値動きも良く、参戦妙味はありそうだ。

 メルカリは9日に決算発表期待から上昇し、翌10日は想定以上の赤字を受けて下落。マザーズ指数は連動した動きとなった。メルカリの指数ウエートは11.6%と高く、マザーズ指数も連動した展開となる。指数の動きに影響を受けているが、メルカリと、ウエート3位のミクシィ <2121> 、同4位のそーせいグループ <4565> がそろって決算を発表した10日はマザーズ市場にとっての特異日。指数の動きとは別に、投資マインド的には来週以降の相場に大きな影響は残らなそうだ。

 好決算銘柄では、ユーチューバーサポートのUUUM <3990> や宿泊施設向け予約管理システムの手間いらず <2477> 、ネット広告配信技術のソネット・メディア・ネットワークス(SMN) <6185> など、追撃妙味の大きそうなものが多く、主軸銘柄の値動きを追うよりもこれらの追撃買いの方に成果がありそうだ。就活口コミサイトのグローバルウェイ <3936> 、定期販売特化型通販システムのテモナ <3985> あたりもマークしておきたい。

 来週の決算発表では10日引け後のじげん <3679> 、FFRI <3692> のほか、13日のビリングシステム <3623> 、アドベンチャー <6030> 、14日のカヤック <3904> 、CYBERDYNE(サイバダイン) <7779> 、AMBITION <3300> などをチェック。

 なお14日は、いま話題の大塚家具 <8186> が19年12月期上期決算を発表する予定となっている。(小泉健太)

提供:モーニングスター社

最終更新:8月11日(土)8時08分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン