ここから本文です

【ディーラー発】トルコリラ暴落(NY午前)

8月11日(土)0時36分配信 セントラル短資FX

NY勢参入直後、トランプ大統領がトルコに対する鉄鋼・アルミ関税の倍増を指示。この発言を引き金にマーケットはトルコリラ売り一色となり、トルコ円は17円80銭付近から15円台まで暴落し、過去最安値を大きく更新。また、トルコリラの大幅安が新興国通貨の下げを誘発、ランド円は一時7円82銭付近まで急落する場面が見られた。一方、ドル円は111円台で戻りの鈍さが見受けられると米債利回りの低下に伴い110円51銭付近まで値を下げ本日安値を更新している。0時36分現在、ドル円110.690-693、ユーロ円126.373-378、ユーロドル1.14167-171で推移している。

最終更新:8月11日(土)0時36分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン