ここから本文です

アジア株市況-まちまち 上海総合は米中貿易協議の先行きを警戒

7月26日(木)17時41分配信 トレーダーズ・ウェブ

 アジア株はまちまち。上海総合指数は終始軟調な値動きとなった。懸案となっている人民元レートが下げ止まりの動きを見せ、企業の決算発表や業績見通しを手掛かりとする個別物色が活発になった一方、引き続き米中貿易協議の先行きに対する警戒感が根強かった。前週20日から24日までの急速な上昇を受けたテクニカル的な調整も上値を重くした。一方、韓国や台湾、そのほかフィリピンなど東南アジア各国は強い動きを見せている。

ハンセン
 28781.14 -139.76(-0.48%)
レッドチップ
 4325.93 -25.95(-0.59%)
上海総合
 2882.23 -21.42(-0.73%)
台湾加権
 11010.61 +44.82(+0.4%)
韓国総合
 2289.06 +16.03(+0.7%)
ムンバイSENSEX(取引中)
 36951.57 +93.34(+0.25%)
タイ SET(取引中)
 1695.64 +5.56(+0.32%)
ジャカルタ総合(取引中)
 5936.15 +2.26(+0.03%)
マレーシアFBM KLCI(取引中)
 1762.99 -0.79(-0.04%)
フィリピン総合
 7665.85 +151.85(+2.02%)
シンガポールST(取引中)
 3336.23 +9.4(+0.28%)
ベトナムVN
 930.16 +2.58(+0.27%)
(17:38現在)
石津

最終更新:7月26日(木)17時41分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン